群馬県の四万温泉に行きました

先日、群馬県にある四万温泉へ家族みんなで行きました。群馬県といえば温泉がたくさんあることで有名で、特に草津温泉は群馬県の温泉の中でも最も有名です。以前、草津温泉には行ったことがあったので、他の温泉ということで今回は四万温泉に入りに行きました。

四万温泉に行った日は、天気も良くて山の緑がとてもきれいで、四万温泉へ行く道中も景色を楽しむことができました。また、四万温泉に行く道路が、速度40キロで走行していると千と千尋の神隠しの中で使われた曲である「いつも何度でも」が聞こえるようになっていました。

子供たちも「千と千尋の歌だ!」と大はしゃぎしていました。四万温泉には、千と千尋の神隠しのお風呂屋のモデルとなった旅館があるということで、なかなか粋な演出だなと感じました。実際に四万温泉に着いて、モデルとなった旅館を見に行きました。少しイメージとは違いましたが、昔ながらの風情のある旅館でした。子供たちは息を止めないといけないと言って、真面目に息を止めてました。泊まった旅館は、とても快適で部屋も広く料理も美味しかったです。温泉自体も気持ち良くて機会があれば、また行きたいと思うところでした。

父の大量の茶道具を処分

私の叔母は茶道具店を営んでいたのですが、最近老人ホームに入ることになり、弟である父が大量の茶道具を譲り受けることになりました。
と言っても、私も母も茶道のたしなみはありません。
価値のある品物が多そうなのでゴミにするのも勿体無く、メルカリやヤフオクで売却することになりました。
しかし出品作業も写真を撮ったり、説明文を書いたりとなかなか骨が折れます。
品物の知識が無いので調べているうちに、あっという間に夕方になってしまいました。
作者の名前など詳細が分からないものはメルカリ、証書などがついており価値がわかるものはヤフオクに出品することにしました。
こんな古いものは売れないだろうと思っていたのですが、案外茶道をたしなんでいる方は多いのですね。
結構問い合わせをしてくださる方が出てきました。
出品作業をしたおかげで、茶道具の名前や使い方などを学ぶことができました。
あくまでも素人出品ですが、インターネットショップの経営など楽しいかもしれないなぁと夢のようなことを考えました。
物を大事にしてくれる方に譲るのは結構嬉しいものです。

ペディキュアを自分でするけれど

仕事柄、手にはネイルができないのでペディキュアをたまにする。
サロンでしてもらうのもいいなあ、と思うのだけど
節約の為に、と自分でやってみると、ちょっと楽しかったので
自分でするようになった。
最近は、100円ショップでポリッシュもシールもネイルパーツも
種類が豊富で可愛いものが多いので、ついつい買ってしまう。
節約の為自分で、と思ったのに買いすぎると意味がなくなるなと思いながら
100円だと、まあいっかと思ってしまう。100均の罠にはまっているいるなあ。
不器用なので、細かすぎることや、難しいことはできないけれど、
シールは貼るだけで可愛くなるし楽ちんで便利。
ジェルネイルには、手を出していないけど、
長持ちしない分、新しいデザインのネイルを次々楽しめるのも、
ある意味メリットなのかも。
めんどくさくなって、ほったらかしてしまうと、どんどん汚くなる
デメリットでもあるけれど。
それでも、自分でするには限界があるし、やっぱりプロにしてもらうのは
綺麗さやデザイン性が魅力だし、憧れではある。
お金に余裕ができたら、サロンでもやってもらいたいな。

家に突然不倫相手がやってきて・・

いつも通り家で掃除をして過ごしていたら、不倫相手がやってきました。夫の会社の独身女性です。すごくびっくりして何を話してよいのかわからず黙っていると、夫と別れてほしいと言われたんです。そう言われてかなり腹が立ち、自分勝手である夫の不倫相手を追い出しました。

夫の会社に電話をすると夫は慌てて早退して帰宅。私はずっと夫をにらみ、夫は顔を下に向けてジっと黙っています。彼女とはいつごろからそういう関係になったのかと聞くと、2年前からだと言われてショックを受けました。彼女は自分は夫に愛されていると自信満々で言っていたのですが、夫は遊びで付き合っていたと言います。

離婚したいと思いましたが私は専業主婦ですし、今離婚したら生活していけないと思い我慢することにしました。でもいつか離婚しようと思っています。夫とは表面上は仲良くしていますが、資格をとって正社員として働くようになったら離婚しようと私は思っています。
→参考:既婚者の出会いについて

まるでドラマのような展開になり、あの時は本当に驚きました。夫の不倫相手は現在会社を辞めてどこかへ行きました。あの女性も被害者なのかなと思います。一番は夫が悪いと思います。

テレビを見ていて思うこと

傷つけるのを恐れ、傷つくのを恐れて、批判されないように、悪く思われないように、言葉を選び、控えめに、みんなと同じ意見で、目立たないように、嫌われないように、気を使って生きている時代である。

好き嫌いをハッキリ言うことさえ「差別」と批判され、組織や社会から仲間外れにされることもある。

「嫌われる勇気を持て」と言った人の生き方を真似てやってみれば、大好きだった人を怒らせてしまい、大きな後悔している人もいる。

みんな疲れて、へとへとになりながら暮らしている様子だ。

言葉はダイナマイトや核エネルギーと一緒で、平和に利用すれば人の生活に大きく貢献するが、争い事に使えば、相手だけではなく自分をも大きく傷つけてしまうこともある。

教育によって差別用語を取り締まり、傷つく人を無くそうというのなら、それは良い事なのかもしれないが、美しく優しい言葉の下で誰が何を考えているのか分からなくなり、ただ悪意が潜在化するだけではないだろうか。

「悪意を持って酷い言葉を使う者は、私に軽蔑されることで社会的に制裁を受けるがいい。そして、それで勘弁してやろう」

そんな物の考え方も上から目線ではあるのだろうが、少なくとも平和的である。

悪意ある言葉を使う者を法律で裁き徹底的に断罪して社会から抹殺する必要があるとは思えないのだ。

平成も終わろうとしている日本が、最近、少し怖いのである。

遊びのつもりがガッツリ不倫関係に!

毎年行われている会社の忘年会、今年は新しいパートさんも入社し楽しい忘年会になりました。

今回入社したパートさんは小さな子供がいるまだまだ若いママさんですが、しっかりして仕事もテキパキこなす有能な従業員です。もちろん、見た目もよくキレイなお母さんといった感じでした。

職場では同じ部署で私は上司にあたります。指示したり相談したり、会話をする機会が多かったせいか、自然と仲が良くなっていきました。

だからこそ、今回の忘年会は楽しみであり、彼女と一緒にお酒を飲めることが嬉しかったのです。

しかし、いざ忘年会になると私の気持ちに大きな変化が出てきます。お酒のせいもあってか女性を意識してしまったのです。

結局、忘年会の場でお互いの携帯番号を交換し、お開きになったらすぐに連絡を取りました。まさか自分が不倫なんて・・・と思っていましたが、意外と抵抗なく不倫関係に突入したのにはちょっとビックリです。一回だけの遊びがいつの間にか不倫になり、今では当たり前のように定期的に合っています。

それでも今の関係は自分に取っては幸せなひととき、周囲から見えればただのかもしれませんが、自分にとっては真剣な恋愛なのです。

夫と図書館デートの休日

夫と私の、趣味の1つは読書。2週間に1度、近くの図書館に行きます。1人10冊、2週間まで借りることが出来る図書館は、私たちのお気に入りの場所です。私は毎回10冊いっぱいまで借ります。
ある日私は、10冊のうち、半分くらいは雑誌を借りました。今日の料理やレタスクラブやNONNOやノンノなど。専業主婦のため、料理が趣味なので、いつも雑誌からの情報収集は欠かせません。他は、好きな作家の小説、エッセイを1冊ずつ。お金の話を2冊。そして、収納や家事のコツに関する本を3冊です。
夫はインテリアの本や、経済の本、料理の本を借りていました。
帰宅してから、夫とランチを作りました。夫は、借りてきたパスタのレシピ本を見ながらパスタを作ってくれました。モッツァレラチーズとなすのトマトソースのパスタです。イタリアンレストランで食べると、パスタって1200円くらいするので、手作りすると安上がりでいいですよね。そして私は副菜のサラダなどを担当しました。休日に2人でいっしょに料理をするのが好きなんですよね。広いキッチンにしてよかったと心の底から思います。
そして2人でTVを見ながら、ああだこうだと言いながら、ランチを食べました。クックパッドもいいけれど、やっぱり料理本はプロの料理なのでおいしかった~。

不倫に年は関係ありません

不倫に年は関係ありません、若くても年を取っていても男も女も関係ありません。

やはり心があるので揺れ動きますししかも魅力的に見えてしまうのは仕方ないことかもしれません。

ただ注意が必要なのは揺れ動くのは仕方ないとしてもそれ以上に異性としての肉体関係を持ってしまうことはダメなことなのです。

食事や会話などでしたらまだ許せる範囲ですがやはり家庭を持っている人達なので関係が複雑になってしまうとお互いダメージを受けてしまい痛い思い出となってしまうことが出てくるでしょう。

このようなことが無いように決して肉体関係を持っては行けないということです、バレなければ良いと思うかもしれませんがもし分かってしまうと下手をすると慰謝料などややこしい問題になると神経もすり減ってしまいます。

初めからある程度の事を理解しているとよく決して深入りするのは良くないことを知っているとの知らないとでは違いますので距離を持って接せるならばよいですがきちんと理科しておくことが必要ですね。

このようなことから心構えと理解をしておくべきだということは間違いないことなのです。

我が家に新しい掃除機がやって来た!!

以前使っていた掃除機が急に壊れてしまって、近所の電気屋さんに急遽、掃除機の依頼をしたのが数日前でした。それからカタログをみて、よさそうな掃除機を電気屋さんと相談しながら決めたところ、次の日には持って来てくれるとの事。なんて便利屋な町の電気屋さん!そして、今日、ついに新しい掃除機が我が家に到着しました~!!!
以前の掃除機と比べると、最新の物はコンパクトで軽いです。なのに、吸引力はバッチリ!早速、電気屋さんの説明のもと掃除機を作動してみると、やはりスムーズにゴミをかきとってくれるんです。感激です。今までなんで古い掃除機を長年使い続けてきたのやら。。。正直、もっと早く買い替えていたら、毎日のお掃除が快適にできたのに!!っと悔やんでしまうくらいです(笑)
説明書をひととおり読んだら、家中を掃除機で掃除しまくりました。畳やフローリング、マットも全てにおいて楽々掃除ができ、おまけにフローリングが光ってるぅ~!
そうそう、この掃除機には床拭き機能がついていたんです。日頃フローリングにモップをかけない私はおお助かり。一石二鳥っていうやつです!最新の掃除機に感謝。これで、お掃除が楽しくなりそうです。

ポイントを貯めてお得に買い物します

私が使っているクレジットカードの中には、クレディセゾンのカードがあります。Muji Cardは無印良品でメンバー週間というセールの時には、全商品が10%引きになるので、とってもお得なのです。日頃から欲しいと思っていたものなどを10%オフで買うことができるので、定期的に行われる無印良品のメンバー週間は外せないものになっています。

そして、クレジットカードで支払いをすると、ポイントがたまって、たまったポイントによって、商品券に交換したりすることができるので、とてもお得です。それに、永久不滅ポイントなので、有効期限がないのでポイントをずっと貯め続けることができて、いつまでもポイントを貯め続けることができるのです。

知らない間にポイントが貯まっていたりするので、有効期限はないほうがお得ですし、ポイントのことを考えながらクレジットカードを使うことができて、とってもいいです。ポイントが貯まるのがとても楽しみです。