兼業でもできる不動産投資

不況が長く続くこともありダブルワークをしている人は多いです。その中でも人気があるのが不動産投資です。不動産投資は本業があってもできるビジネスということで人気がありますが、何でも不動産を持てば儲かるというわけではなく、勉強をして下調べすることは重要です。ベルテックスでも投資セミナーをよく開催しているので、勉強も兼ねてベルテックスの不動産投資セミナーに行くのもありだと思います。

不動産投資の場合、すでに保有している不動産を賃貸として貸し出す人だけではなく、中古のアパートや一戸建てを購入したり新築して投資をする人もいます。どのタイプが儲かるかどうかというのは、その立地も大きく関係してきます。

不動産投資で一番不安なことが、借主がなく空室になることです。収入源が家賃なので、空室になってしまうと収入がその分減ってしまいます。物件の購入にローンを組んでいる場合、家賃をあてにしていると利益を出すどころか損失が出てしまうことがあります。この空室リスクをカバーできるのが不動産投資会社ですが、運用利回りは保証料の分下がってしまいます。

このような空室リスクを低くするためには、どんな不動産でも良いというわけではありません。どのようなニーズのある不動産なのか、立地はいいのかということも考えて慎重に選ぶ必要があります。中古物件の場合、建物が建った頃と状況が変わっていますのでニーズに合わせてリノベーションなども必要になります。単純に不動産が安いからすぐに元本を回収できる、と考えてしまうとあとで後悔することになりかねません。

不動産投資で失敗する人というのは、下調べが不十分ということは十分に考えられます。ですからまず不動産投資を考えているのなら不動産投資セミナーなどに参加して、実際に投資をしている人の話を聞いてみたり、不動産投資会社で相談してみることが大切です。

また利益を出している人は、管理会社に頼まずに全て自分で管理していることが多いです。つまり兼業だと管理者として対応できないため、利回りは下がります。でも自分で全てを管理するというのは、負担が大きく旅行先で急に呼び出しがかかる可能性もありますので、あまりオススメできないのです。目先の利回りばかりを気にするのではなく、状況によっては管理会社に委託して運用していくことも大切なのです。