歩きながらの喫煙には困ったものですね

タバコの害についていろいろ宣伝されており、少なくても私の周りには喫煙をする人が殆ど居なくなりました。ですからタバコの臭いには非常に敏感になりタバコを吸っている人が近くを通ると、直ぐ分かります。

私は健康のため毎日1時間程度散歩していますが、最近は歩きタバコをする人を見かけなくなり、マナーが徹底されて来たと喜んでいた矢先の事です。何時もの道を歩いていると、どこからともなくタバコ独特の臭いがするじゃありませんか、どこからかなぁ~とキョロキョロすると前から来る高齢な男の人が、手のひらに隠すようにタバコを持っているじゃありませんか、下手に注意をしてトラブルになったら困るので、内心では歩きタバコは迷惑だから止めなさいと思いつつジロット眺めてやりました。

それから5分ほど歩くと今度はくわえタバコで自転車に乗った高齢の男の人が通り過ぎて行きました。この人達は喫い終わると吸殻をどうするのかな?偏見じゃないけど、そこらへんにポイ捨てするのではと気になりました。散歩道でたまにポイ捨てされたタバコの吸い殻を見かける度に、心が痛みます。