父の大量の茶道具を処分

私の叔母は茶道具店を営んでいたのですが、最近老人ホームに入ることになり、弟である父が大量の茶道具を譲り受けることになりました。
と言っても、私も母も茶道のたしなみはありません。
価値のある品物が多そうなのでゴミにするのも勿体無く、メルカリやヤフオクで売却することになりました。
しかし出品作業も写真を撮ったり、説明文を書いたりとなかなか骨が折れます。
品物の知識が無いので調べているうちに、あっという間に夕方になってしまいました。
作者の名前など詳細が分からないものはメルカリ、証書などがついており価値がわかるものはヤフオクに出品することにしました。
こんな古いものは売れないだろうと思っていたのですが、案外茶道をたしなんでいる方は多いのですね。
結構問い合わせをしてくださる方が出てきました。
出品作業をしたおかげで、茶道具の名前や使い方などを学ぶことができました。
あくまでも素人出品ですが、インターネットショップの経営など楽しいかもしれないなぁと夢のようなことを考えました。
物を大事にしてくれる方に譲るのは結構嬉しいものです。