突然娘が言った一言とは

娘が3歳くらいの時、わたしに「お空の上からママのこと見てたよ!ママを見てとっても優しそうだったからママのところへ来たんだよ!」って何の前触れもなく言ったんです。娘はあれから15年経った今も自分が言ったその言葉を記憶しています。

食べることと遊ぶこと眠ることで1日が終わっていた当時の娘が、突然そんな話をし出してわたしは固まってしまいました。なんて言ったらいいのか娘に返す言葉が見つからなかったのです。突然のことでただただ驚きました。

それからわたしはスピリチュアルに関心が出て今もそれは継続中。目に見えない物を信じるようになり、ポルターガイスト現象もラップ音もどこからともなく漂ってくる妙なニオイも全て認めるようになりました。否定する意味がなくなったからです。

幼い子供の中には生まれてくる前の記憶を持っていることがたまにあるようですね。とても不思議なことなんだけど心があたたかくなりました。

心が豊かになる時間を持つ

私は毎日外を歩くようにしています。
最低でも1時間は歩くようにしていますが、たいていはついでに買い物をするので、片手はカバンで塞がっています。

カバンを持つと、どうしても体が傾いてしまい、少し歩きにくくなってしまいます。
先日は買い物がなかったので、思い切って何も持たずに歩くことにしました。

両手が空いていると、両腕を振ることができるので非常に歩きやすくなります。
まさに、歩くためだけの時間を作っているという実感があり、それはとても贅沢な時間のように感じました。

私は時短のために、何かを同時進行することが多いかも知れません。
しかし、時短をすればするほど、さらに忙しくなっていくような気がします。

散歩だけの時間、食事だけの時間など、一つ一つの作業のためだけの時間を積み重ねていくことが心の豊かさに繋がるのではないかと改めて思いました。

心の豊かさを感じられる時間ならば、それは決して無駄な時間ではありません。
今後の生活意識を変えていきたいと思っています。

効果的な不動産投資について

不動産投資を考えるときに、どうしたら収入を増やすことができるか考えてみました。そう考えたときにやはり、大事なのは、不動産の価値を高めるということが大事なのかなと思いました。

魅力的な物件ならば、賃貸をしたとしてもすぐに借りてが見つかるだろうし、多少高くしても借りられるということになると思います。そこで、大事なのが、安く手に入れた物件をリノベーションするということがいいのかなと思います。

リノベーションして、全く違ったイメージのおしゃれな感じに部屋をしてしまえば、不動産価値が高まって、借りる人も増えていくのではないかなと思っています。30万くらいの安い価格でマンションのリノベーションをしてくる業者があります。

本当に、おしゃれな部屋に変わっていきます。そうすることで、賃貸に出してもすぐに目にとまり、借りる人がすぐに表れるという形です。

太陽光発電システムでは電気は売れる

太陽光発電システムというのは、利益があるからこそ行うということでもありました。設備を導入した場合において、上手く早く投資額を回収できるようになるのがポイントになってくるわけで。個人宅の場合最初に作られた電気というのは自分たちで使うということになるわけですが必要以上に作ってしまうという状況はあり得るわけでそれは得ることができるということになっています。太陽光発電システムというのはまずは家の電気に使うわけですが、余剰分に関して言えば買い取ってもらうということができるようになりますので大きなメリットがそこにあります。焦ることがないようにしておいた方が良いのは間違いないのですがとにかく少しでも売れるのであれば、そのようにしておいたほうがよいわけです。そもそもいくらで買ってくれるのか、ということはその時の状況によって変ることになるでしょう。

相手が夢中になれるやり取りをする

毎日同じ生活をしていると、本当に出会いがあるのだろうかと不安になることがありませんか?同じ事の繰り返しで、出会うことは無理と思うことが多くなります。しかしそのままではさみしいので、誰かと繋がりたいと思うことがありますね。
そんな時、利用しているのはラインやメールではないでしょうか。気軽に使うことが出来るので、現在では使っていない人の方が少ないです。そして知らない相手とラインをすることがあります。その時、相手がわからないので知らない間に連絡が取れなくなることも。
それは多分、ラインなどで相手が面白くないと判断したということです。それは悲しい事なのですが、よくあることとも言えます。相手がそんな気持ちになるのは、相手が悪いと思うのではなく自分のラインが面白くないんだと思うことも大切です。
その時、相手が夢中になれるやり取りができるといいですね。

婚活パーティーでの教訓

友達と一緒に婚活パーティーに行って来ました。
私は、知らない人と話をするのが得意では無いので、婚活パーティーに行ってもなかなかマッチングすることがありません。

ですが、一緒に出かけた友達は、初めての婚活パーティーに行ったときから、誰かとマッチングして良い結果を残しています。

この前、友達の席と私の席が近かったので友達がどのように婚活パーティーに参加しているのかを見ることができたのですが、私とは違い、初対面の人とも会話を途切れること無く進めることが出来ていて、リラックスしたような雰囲気でした。

私は、いつも婚活パーティーという場所で緊張してしまい、表情も硬かったのだと思います。

友達の様子を見ていて、婚活パーティーでは緊張する気持ちがあっても、出来るだけそれを出さず、穏やかな雰囲気を出すことで、相手の人からも印象が良くなるのでは無いかなと思いました。

またもや謎の紅斑が出現してしまいました

お風呂上りに気付いたのですが、体に謎の紅斑が出来ています。
しかも一か所じゃなくて小さいぽつぽつが沢山。
なんだろうこれ。蕁麻疹?アレルギー?
最近風邪薬を飲んだので、薬疹とかかな?

前も紅斑が出来たと思ったら一気に増えて、完全に消えるまでひと月くらいかかったんだよね。塗り薬とビタミン剤を処方されたっけ。今回もそうなんだろうか。季節的に春服にチェンジしていこうとしていた矢先だから残念だなあ。腕にも出てるからしばらくは長袖を着ているしかないのか。そしたらカーディガン買い足そう。

いや、それ以前に、前と同じ紅斑ならいいけど別の原因だったら怖いから早めに皮膚科に行かねば。これ何だろう、と思ってても自分では分からないものね。自然治癒で治るかもしれないけど治らないかもしれないのだから、迷ったらすぐ病院に行こう。

病院は苦手だし面倒くさいけど、肌に関するトラブルは別。
対人関係にも影響してしまうから早め早めの対処が大事。

タクシーは乗るだけのものではない。そこで生まれるあれこれのドラマ。

日常生活で様々な移動をする場面があります。電車、飛行機、自家用車、徒歩などなど。使うものは人それぞれです。

例えば郊外であれば、車は一人一台は鉄則という地域もあるでしょう。しかし東京都内、それも土地や家賃が高い地域だと、1か月の駐車場代が数万円になることもめずらしくありません。となれば、自動車を持つのはあまり合理的ではない、必要な時はレンタカーを借りたり、カーシェアを利用したり、タクシーを利用すればよいと考える人が多いです。そんな便利な移動手段であるタクシー。運転するタクシー乗務員の方、どこの誰ともわからなくても、だからこそ、ちょっとした深い話をするにはちょうど良い。

目的地までの限られた時間で、お互いの身の上話をする。生まれた場所も生きている年数も違くても、なんだかほっとするような、思いがけず良い言葉をもらえることもあります。タクシー乗務員の方は、なんというか良い哀愁を漂わせています。きっといろいろな状況の老若男女を乗せてきたからこそだと思います。少し人生に疲れた時、タクシーの中でちょっとした会話を交わすのはどうでしょうか。人生のヒントになる言葉がもらえるかもしれません。

婚活疲れにご用心!自分らしくいるために!

婚活を本気でされたことがある方はきっと実感したことがある「婚活疲れ」。婚活は企業の面接と一緒で、受け入れられないと終わる、まるで自分を否定されているような気分になります。やっていくうちに、「この人と付き合わなきゃ」のような強迫観念に襲われて、「もはや誰でもいい」と半ばやけくそになります。
私はバツイチで、再婚したいなと思っていた彼氏と別れ、ヤバい!と思って婚活を始めましたが、まさに「婚活疲れ」に陥り、思い出すのは元カレのことばかり…その時に「あ、まだ婚活するなってことなんだ」と思い切って辞めました。いつまでも、元カレのことを考えていると新しい出会いなんてないという周りの意見はごもっともなのですが、周りの意見もシャットアウトして、とことん自分と向き合いました。今までの自分は本当に他人軸で生きていたこと、承認欲求の塊であったことなど、ひたすら自己分析して、これが好きだという熱い趣味もなかったので、興味があるものを片っ端からメモして手当たり次第にやってみました。無理に婚活するより、私にはずっとよかったみたいです。人はキラキラしたものに惹かれるそうです。もし、婚活に疲れたら一度自分にエネルギーもチャージしてあげるのもいいですよ!

出会い系サイトでのプロフィールの嘘は程々に

一度だけ無料の出会い系サイトで知り合った男性と食事だけしたことがありました。一度会ってあまり良い印象を受けなかったのでもう会っていませんが。

出会い系サイトのプロフィールで年齢や職業、肩書や収入などをサバ読んだりごまかしたりすることは結構よくあることかもしれませんが、一つぐらいのごまかしぐらいならまだしも、知れば知る程もっと嘘が判明するような人はもうこれ以上会う気はなくなります。私は年齢や学歴にはそこまでこだわらないのですが、とある同い年の男性は職業は「商社マン」と書いてありながら、実際に会ってみたらコンビニバイトで商社への就職を希望しているとのことでした。

それは少しショックでしたが、それ以外にも「マンションを持っている」と書いてありながらもそれも「将来の希望」であり今は実家暮らし、年齢と学歴だけは本当みたいでしたが、その他のことに関しては何から何までごまかしだったそうです。

そこまで嘘だらけの人とはもう会う気になれず、一度食事をした後にはもう関わってもいません。出会いを求めたいからと言ってプロフィールに嘘を書き過ぎては逆効果なので辞めた方が良いですね。